アイシスジャパン【ISJ】ホーム > ISiSJAPANブログ > マーケティング > 『ラッスンゴレライ』の人気を3C分析で解明1(市場分析編)

『ラッスンゴレライ』の人気を3C分析で解明1(市場分析編)

2015年に入ってから3ヶ月近く経つが、最近『ラッスンゴレライ』というキーワードがメディアを賑わせている。しかも、早くも流行語大賞候補として挙がるのではと言われるほど。。。

『ラッスンゴレライ』って何?って思っている人も中にはいるでしょう。実は私が知ったのも1ヶ月位前で、最初『ラッスンゴレイライ』という言葉を聞いたときは、画家のクリスチャン・ラッセンがイルカではなくゴリラでも描いて注目を浴びているのかと勘違いしたくらいw(何かの偶然かその頃ニュースでクリスチャン・ラッセンを観たというのもあるが。)

よくよく聞くと「8.6秒バズーカー」というお笑い芸人が『ラッスンゴレライ』というネタをやっていて、それがメチャクチャ笑えるということらしい。

↓↓↓↓↓その『ラッスンゴレライ』の公式動画がこちら↓↓↓↓↓

確かに面白い!!!!!(笑)
(何回も観ると脳内で勝手にリピートしてしまうほどの麻薬効果が。皆さん気をつけましょうw )

去年の流行語大賞「ダメよ~ダメダメ!(日本エレキテル連合)」より全然面白い。(と言ってもよくマネして使っていましたが。。。w)

今回『ラッスンゴレライ』を挙げたのは流行語大賞候補を紹介するわけではなく、なぜ『ラッスンゴレライ』というキーワードがここまで短期間で注目されたのか深堀りをしたく、マーケティングでよく使われる【3C分析】を用いて紐解いてみようという企画です。

但し、【3C分析】はマーケティング戦略を立てる際に用いられるフレームワークなので、お笑いネタである『ラッスンゴレライ』がすべてにおいて適用するわけではないことをあらかじめご了承ください。

 

そもそも【3C分析】って何?

3C分析とは自社が事業を行うビジネス環境を分析するためのプロセスのことで、「市場・顧客: Customer」「競合: Competitor」「自社: Company」の各頭文字を取って3Cと言います。

今回はお笑いネタのため、8.6秒バズーカーが『ラッスンゴレライ』を行うお笑いの現状を分析するためのプロセスと置き換えてみるとわかりやすい。要は3C分析を行えば、人気が出た理由がわかるわけですw

ちなみに、各分析は下記のようなことを把握するために行います。
※分析タイトルはお笑い用に変更してあります

<お笑い業界・視聴者分析(市場・顧客分析)>
お笑い業界やお笑いを観てくれる視聴者のニーズの変化を知るために行う
 
<ライバル芸人分析(競合分析)>
ライバル芸人が視聴者のニーズの変化にどのように対応しているかを知るために行う
 
<自己分析(自社分析)>
8.6秒バズーカーが視聴者のニーズの変化に合わせ、ライバルの対応を鑑みながら『ラッスンゴレライ』で成功した要因を導き出す

今回は1回目としてお笑い業界・視聴者分析(市場・顧客分析)のお笑い業界分析(市場分析)を行うことで市場の変化を把握します。

 

お笑い業界・視聴者分析(市場・顧客分析)

市場・顧客分析を行うことでお笑い業界の市場規模や成長性、視聴者ニーズや動向などの変化を見ていきます。

<お笑い業界分析(市場分析)>

一般的に市場分析では、「市場規模・成長性」「収益性・コスト構造」「技術革新の動向」を見ることで、新規参入して成功できる市場なのかを計ることができます。今回はお笑い業界ですので、市場規模・成長性にあたる「現在需要」「将来需要」を中心に分析していきます。
 
※通常ビジネスでは上記の他に収益性が高い市場か、流通経路やリベートなどのコスト構造、技術進歩の速度などの分析も行いますが、今回はお笑いネタのため割愛します。
 

<現在需要>

お笑い業界での現在需要とは、「中堅お笑い芸人がお笑いコンテストで優勝したり、継続して冠番組を持ったり、番組出演回数が多い」という定義とします。
 
現在、お笑い芸人はコントだけでなく、クイズなどのバラエティから政治・経済関連まで幅広く番組に出演しており多種多様化しているので、そこも含めて年毎に表化したのが下表となります。大きな軸として番組/CM/映画等の出演回数とお笑いコンテスト実績に分けて見ていきます。
 
※8.6秒バズーカーは芸人歴1年だが、現在需要として成り立っているのは中堅お笑い芸人の活躍があるからなので、お笑い業界を把握するために必要な情報となる
※中堅お笑い芸人の範囲は、芸歴15年以上30年未満のコンビ芸人とする(2015年3月時点)
 
<中堅お笑い芸人年表(2000年〜2014年)>
番組/CM/映画等の出演 お笑いコンテスト実績
2000年
  1. 爆笑問題 12件
  2. くりぃむしちゅー 11件
  3. ナインティナイン 10件
  4. キャイ~ン 9件
  5. ロンドンブーツ1号2号 8件
  6. ネプチューン 7件
  7. 雨上がり決死隊チュートリアル 5件
  8. よゐこ 4件
  9. 博多華丸・大吉、アンジャッシュ 3件
  10. さまぁ~ず、バナナマン、COWCOWキングコング 2件
  11. ますだおかだタカアンドトシ、おぎやはぎ、ドランクドラゴン、ロバートフットボールアワー 1件
  • 爆笑問題(笑芸人大賞・銀賞)
  • チュートリアル(ABCお笑い新人グランプリ・優秀新人賞)
  • レギュラー(NHK上方漫才コンテスト・優秀賞)
  • フットボールアワー(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
  • キングコング(NHK上方漫才コンテスト・最優秀賞)
2001年
  1. 爆笑問題 17件
  2. ネプチューン 10件
  3. ナインティナイン、キャイ~ン 9件
  4. キングコング 8件
  5. くりぃむしちゅー、ロンドンブーツ1号2号 7件
  6. 雨上がり決死隊、よゐこ 5件
  7. さまぁ~ず、チュートリアルフットボールアワー 4件
  8. 博多華丸・大吉 3件
  9. ますだおかだ、バナナマン、アンジャッシュ中川家フットボールアワーCOWCOWロバート 2件
  10. バッファロー吾郎アンタッチャブルタカアンドトシ、ドランクドラゴン、インパルスブラックマヨネーズ 1件
  • 中川家(M-1グランプリ・優勝/上方お笑い大賞・最優秀技能賞)
  • COWCOW(上方漫才大賞・優秀新人賞)
  • フットボールアワー(NHK上方漫才コンテスト・優秀賞)
  • キングコング(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞/上方漫才大賞・新人賞/上方お笑い大賞・最優秀新人賞)
2002年
  1. 爆笑問題 20件
  2. キャイ~ン 12件
  3. キングコング 10件
  4. さまぁ~ず、ナインティナイン 9件
  5. ネプチューンチュートリアルフットボールアワー 8件
  6. 雨上がり決死隊くりぃむしちゅー 7件
  7. ロンドンブーツ1号2号 5件
  8. ロバート 4件
  9. バッファロー吾郎、よゐこ、ますだおかだブラックマヨネーズ 3件
  10. 博多華丸・大吉、中川家、バナナマン、アンジャッシュアンタッチャブル、おぎやはぎ、ドランクドラゴン、インパルス 2件
  11. COWCOWタカアンドトシ 1件
  • ますだおかだ(M-1グランプリ・優勝)
  • チュートリアル(上方お笑い大賞・新人賞)
  • ブラックマヨネーズ(ABCお笑い新人グランプリ・優秀新人賞/上方漫才大賞・新人賞/NHK新人演芸大賞・演芸部門大賞)
  • レギュラー(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
  • フットボールアワー(NHK上方漫才コンテスト・最優秀賞/上方漫才大賞・優秀新人賞/上方お笑い大賞・最優秀新人賞)
  • 笑い飯(オールザッツ漫才・優勝)
2003年
  1. 爆笑問題 20件
  2. さまぁ~ず 13件
  3. フットボールアワー 11件
  4. チュートリアルキングコング 10件
  5. 雨上がり決死隊 9件
  6. ナインティナイン、キャイ~ン 7件
  7. ネプチューンロバート 6件
  8. くりぃむしちゅーますだおかだ、ロンドンブーツ1号2号 5件
  9. バナナマン、アンタッチャブルタカアンドトシ、おぎやはぎ 4件
  10. よゐこ、中川家ブラックマヨネーズ 3件
  11. バッファロー吾郎アンジャッシュ、ドランクドラゴン、インパルス 2件
  12. 博多華丸・大吉、チョップリン千鳥笑い飯 1件
  • チュートリアル(上方お笑い大賞・新人賞)
  • ブラックマヨネーズ(上方お笑い大賞最優秀新人賞)
  • フットボールアワー(M-1グランプリ・優勝/MBS新世代漫才アワード・優勝)
  • チョップリン(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
  • 笑い飯(ABCお笑い新人グランプリ・優秀新人賞/上方漫才大賞・新人賞/上方お笑い大賞・新人賞)
2004年
  1. 爆笑問題 21件
  2. さまぁ~ず 18件
  3. くりぃむしちゅー 16件
  4. フットボールアワー 15件
  5. キングコング笑い飯 10件
  6. アンジャッシュタカアンドトシ 9件
  7. 雨上がり決死隊 8件
  8. ナインティナインますだおかだ、ロンドンブーツ1号2号、ロバートチュートリアル 6件
  9. キャイ~ン、おぎやはぎ、中川家、ドランクドラゴン 5件
  10. よゐこ、バナナマン、ネプチューン千鳥 4件
  11. 博多華丸・大吉、アンタッチャブルインパルス 3件
  12. バッファロー吾郎ブラックマヨネーズチョップリン 2件
  13. 平成ノブシコブシ 1件
  • アンタッチャブル(M-1グランプリ・優勝)
  • チュートリアル(上方漫才大賞・新人賞)
  • フットボールアワー(上方お笑い大賞・最優秀技能賞)
  • 笑い飯(NHK上方漫才コンテスト・最優秀賞/MBS新世代漫才アワード・優勝/上方お笑い大賞・新人賞)
  • 千鳥(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
2005年
  1. くりぃむしちゅー 25件
  2. 爆笑問題 17件
  3. さまぁ~ず、アンタッチャブル 16件
  4. アンジャッシュ 14件
  5. 雨上がり決死隊キングコング 13件
  6. フットボールアワー 11件
  7. タカアンドトシインパルス笑い飯 10件
  8. バナナマン、おぎやはぎ、ドランクドラゴン 9件
  9. ロンドンブーツ1号2号 8件
  10. ナインティナイン、キャイ~ン、千鳥 7件
  11. ますだおかだロバートレギュラー 6件
  12. ネプチューンチュートリアル 5件
  13. よゐこ、中川家 4件
  14. バッファロー吾郎COWCOW 3件
  15. 博多華丸・大吉、ブラックマヨネーズチョップリンキングオブコメディ 2件
  16. NON STYLEハマカーン 1件
  • ブラックマヨネーズ(M-1グランプリ・優勝)
  • レギュラー(NHK上方漫才コンテスト・最優秀賞)
  • キングオブコメディ(お笑いホープ大賞・大賞)
  • 笑い飯(上方お笑い大賞・最優秀新人賞)
2006年
  1. タカアンドトシ 22件
  2. くりぃむしちゅー 18件
  3. さまぁ~ず 17件
  4. 爆笑問題雨上がり決死隊 14件
  5. アンタッチャブル 13件
  6. フットボールアワーキングコング 11件
  7. ロンドンブーツ1号2号、おぎやはぎ、チュートリアル 10件
  8. ドランクドラゴン 9件
  9. バナナマン 8件
  10. ますだおかだアンジャッシュロバート 7件
  11. バッファロー吾郎ナインティナイン、よゐこ、博多華丸・大吉、キャイ~ン、ネプチューンレギュラー笑い飯千鳥 6件
  12. ブラックマヨネーズ 5件
  13. インパルス 4件
  14. ハマカーン 3件
  15. 中川家COWCOWNON STYLE 2件
  16. チョップリンキングオブコメディ 1件
  • チュートリアル(M-1グランプリ・優勝)
  • NON STYLE(上方漫才大賞・優秀新人賞/NHK新人演芸大賞・演芸部門大賞/上方お笑い大賞・最優秀新人賞)
2007年
  1. タカアンドトシ 51件
  2. チュートリアル 33件
  3. 爆笑問題くりぃむしちゅー 23件
  4. さまぁ~ず 22件
  5. フットボールアワー 16件
  6. バナナマン 14件
  7. 雨上がり決死隊 13件
  8. アンタッチャブル 11件
  9. キングコング 10件
  10. ロバート 9件
  11. よゐこ、おぎやはぎ、ブラックマヨネーズ 8件
  12. 博多華丸・大吉、ますだおかだアンジャッシュインパルスフットボールアワー 7件
  13. バッファロー吾郎ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号、笑い飯、平成ノブシコブシ 6件
  14. キャイ~ン、ネプチューン、ドランクドラゴン、ハマカーン 5件
  15. COWCOW 4件
  16. レギュラーサンドウィッチマンNON STYLE 3件
  17. 中川家キングオブコメディロバート 2件
  18. 千鳥 1件
  • サンドウィッチマン(M-1グランプリ・優勝)
2008年
  1. タカアンドトシ 34件
  2. くりぃむしちゅー 29件
  3. チュートリアルオードリー 22件
  4. 爆笑問題、さまぁ~ず 20件
  5. バナナマン、フットボールアワー 15件
  6. アンタッチャブルブラックマヨネーズ 12件
  7. キングコング 10件
  8. 雨上がり決死隊アンジャッシュ 9件
  9. よゐこ、おぎやはぎ、ロバート、平成ノブシコブシ 8件
  10. ロンドンブーツ1号2号、COWCOW 7件
  11. ナインティナイン、博多華丸・大吉、ますだおかだバイきんぐサンドウィッチマンキングオブコメディ 6件
  12. ネプチューンハマカーン 5件
  13. キャイ~ン、ドランクドラゴン、インパルスレギュラー千鳥 4件
  14. バッファロー吾郎NON STYLE笑い飯 3件
  15. 中川家 1件
  • NON STYLE(M-1グランプリ・優勝)
  • オードリー(M-1グランプリ・準優勝)
  • バッファロー吾郎(キングオブコント・優勝)
2009年
  1. オードリー 66件
  2. タカアンドトシ 43件
  3. チュートリアル 22件
  4. さまぁ~ず 17件
  5. 爆笑問題ブラックマヨネーズ 16件
  6. くりぃむしちゅーアンタッチャブル 12件
  7. 博多華丸・大吉、キャイ~ン、フットボールアワー 11件
  8. 雨上がり決死隊、バナナマン、おぎやはぎ 10件
  9. ナインティナインネプチューンロバートサンドウィッチマン 8件
  10. キングオブコメディハマカーン 7件
  11. バッファロー吾郎、ロンドンブーツ1号2号、キングコングNON STYLE 6件
  12. よゐこ、アンジャッシュインパルス 5件
  13. ロバート笑い飯 4件
  14. ますだおかだ、ドランクドラゴンバイきんぐ 3件
  15. COWCOWチョップリン千鳥 2件
  16. 中川家レギュラー、平成ノブシコブシ 1件
  • ハマカーン(漫才新人大賞・大賞)
2010年
  1. オードリー 47件
  2. タカアンドトシ 37件
  3. ブラックマヨネーズ 27件
  4. チュートリアル 25件
  5. ハマカーン 22件
  6. さまぁ~ず 21件
  7. 爆笑問題 18件
  8. くりぃむしちゅー 17件
  9. 雨上がり決死隊、バナナマン、おぎやはぎ 12件
  10. 博多華丸・大吉、ネプチューンフットボールアワー 11件
  11. キャイ~ン、サンドウィッチマン 8件
  12. よゐこ、アンタッチャブルロバート 6件
  13. アンジャッシュ、ロンドンブーツ1号2号、NON STYLEキングオブコメディ 5件
  14. ナインティナインインパルスキングコング 4件
  15. バッファロー吾郎中川家COWCOW、ドランクドラゴンバイきんぐ笑い飯、平成ノブシコブシ 3件
  16. ますだおかだレギュラーチョップリン千鳥 2件
  17. ますだおかだ 1件
  • 笑い飯(M-1グランプリ・優勝)
  • キングオブコメディ(キングオブコント・優勝)
2011年
  1. オードリー 31件
  2. さまぁ~ず、ブラックマヨネーズ 23件
  3. 平成ノブシコブシ 21件
  4. チュートリアル 19件
  5. タカアンドトシ 18件
  6. バナナマン、サンドウィッチマンハマカーン 17件
  7. 爆笑問題 16件
  8. くりぃむしちゅーネプチューン、おぎやはぎ 14件
  9. 雨上がり決死隊 13件
  10. 博多華丸・大吉 10件
  11. ナインティナインフットボールアワー 9件
  12. キャイ~ン 8件
  13. よゐこ、アンジャッシュ、ロンドンブーツ1号2号、ロバート千鳥 6件
  14. COWCOWキングオブコメディ 5件
  15. キングコングNON STYLE 4件
  16. ドランクドラゴン、笑い飯 3件
  17. バッファロー吾郎ますだおかだバイきんぐ 2件
  18. 中川家インパルスレギュラーチョップリン 1件
  • ブラックマヨネーズ(上方漫才大賞・大賞)
  • ロバート(キングオブコント・優勝)
2012年
  1. タカアンドトシ 24件
  2. バナナマン 22件
  3. ブラックマヨネーズ 21件
  4. チュートリアルサンドウィッチマン 20件
  5. さまぁ~ず 19件
  6. ハマカーンオードリー 17件
  7. 爆笑問題くりぃむしちゅー 14件
  8. 雨上がり決死隊 13件
  9. 博多華丸・大吉、おぎやはぎ 12件
  10. ネプチューン 11件
  11. 千鳥 10件
  12. 平成ノブシコブシ 9件
  13. バイきんぐ 8件
  14. フットボールアワー 7件
  15. よゐこ、キャイ~ン、アンジャッシュNON STYLE 6件
  16. ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号 5件
  17. ロバートインパルスキングコング 4件
  18. COWCOW、ドランクドラゴン 3件
  19. ますだおかだ 2件
  20. バッファロー吾郎笑い飯キングオブコメディ 1件
  • ハマカーン(THE MANZAI・優勝)
  • バイきんぐ(キングオブコント・優勝)
2013年
  1. サンドウィッチマン 21件
  2. さまぁ~ず 20件
  3. バナナマン 19件
  4. タカアンドトシ 18件
  5. ブラックマヨネーズハマカーンオードリー 16件
  6. 雨上がり決死隊 15件
  7. 博多華丸・大吉、おぎやはぎ 14件
  8. 爆笑問題 13件
  9. 平成ノブシコブシ 12件
  10. くりぃむしちゅー 11件
  11. ネプチューンチュートリアル 10件
  12. フットボールアワー 9件
  13. NON STYLE 7件
  14. 千鳥 6件
  15. よゐこ、キャイ~ン、ロンドンブーツ1号2号、COWCOWますだおかだ 5件
  16. バイきんぐ 4件
  17. ナインティナインアンジャッシュロバート 3件
  18. ドランクドラゴン、インパルスキングコング笑い飯 2件
  19. バッファロー吾郎レギュラー 1件
 
2014年
  1. サンドウィッチマン 22件
  2. バナナマン 21件
  3. タカアンドトシ 19件
  4. 爆笑問題 17件
  5. さまぁ~ず、おぎやはぎ 14件
  6. 雨上がり決死隊ブラックマヨネーズフットボールアワーオードリー 12件
  7. チュートリアル 10件
  8. 博多華丸・大吉、くりぃむしちゅーネプチューン 9件
  9. ますだおかだ 8件
  10. ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号 7件
  11. ハマカーン千鳥 6件
  12. キャイ~ン、COWCOW笑い飯、平成ノブシコブシ 5件
  13. よゐこ、バイきんぐロバートNON STYLE 4件
  14. アンジャッシュ、ドランクドラゴン、レギュラー 2件
  15. バッファロー吾郎キングコングチョップリン 1件
  • 博多華丸・大吉(THE MANZAI・優勝)
※テキスト色の意味
・黒色:バラエティ番組(お笑いコント番組以外)をきっかけに番組等に多数出演
紫色:お笑いコント番組をきっかけに番組等に多数出演
橙色:2000年以前にお笑いコンテストに優勝(準優勝)して番組等に多数出演
赤色:お笑いコンテスト優勝(準優勝)後から番組等に多数出演
水色:お笑いコンテスト優勝(準優勝)後も番組等の出演少数
※番組等の出演はWikipediaを参照したため日付が書かれていない場合は未カウント
※コンビなのにピンで出演している番組は未カウント
 
◎バラエティ番組(お笑いコント番組以外)をきっかけに番組等に多数出演している芸人
黒色テキストの芸人は、お笑いコント番組以外のバラエティ番組で人気を得て番組出演数を増やした「さまぁ~ず」「よゐこ」「キャイ~ン」等で現在も多数番組を抱えている。
 
彼等はお笑いコンテストで優勝したりなどの実績は少ないが、番組内でのトークや体当たりのロケ等が面白いので現在でも第一線で出演できているのだろう。
 
◎お笑いコント番組をきっかけに番組等に多数出演している芸人
紫色テキストの芸人は、『ボキャブラ天国』『笑いの金メダル』等のお笑いコント番組で人気を集めて、他の番組にも抜擢された「くりぃむしちゅー」「ネプチューン」「タカアンドトシ」等で現在でも冠番組を多数抱えている。
 
現在はあまりコントネタを見る機会は少なくなったが、番組内の掛け合いはコント要素が含まれているので活かされているのだろう。
 
◎2000年以前にお笑いコンテストに優勝(準優勝)して番組等に多数出演している芸人
橙色テキストの芸人は、2000年以前にお笑いコンテストで優勝、もしくは準優勝経験を持っている「爆笑問題」「雨上がり決死隊」「ナインティナイン」等で現在でも冠番組を多数抱えている。
 
「爆笑問題」に関しては、お笑いコンテスト優勝だけでなく、『ボキャブラ天国』を支えてきた中心的コンビ。「爆笑問題」は政治・経済的要素を含んだ番組にも出演し、お笑い芸人の幅を広げている。
 
◎お笑いコンテスト優勝(準優勝)後から番組等に多数出演している芸人
赤色テキストの芸人は、お笑いコンテストに優勝したことで恩恵を大きく受けている「チュートリアル」「フットボールアワー」「ブラックマヨネーズ」等がいる。
 
特に、2008年M-1グランプリで準優勝に終わった「オードリー」は、優勝した「NON STYLE」よりも番組出演数が多く、個々でも出演が多い二人である。お笑いコンテストで注目され、かつ個々の特徴を活かして番組に抜擢されているのが伺える。
 
◎お笑いコンテスト優勝(準優勝)後も番組等の出演が少数の芸人
水色テキストの芸人は、お笑いコンテストに優勝したにも関わらず番組出演数がそこまで伸びていない「中川家」「COWCOW」「キングオブコメディ」等だ。
 
「COWCOW」に関しては、『あたりまえ体操』で人気を博したのでまだ良いが、他のコンビはあまりパッとしないのは気のせいだろうか。芸人なので格好良くなくて良いのだが、冠番組を持っている芸人を見ると主役としての華があるのだ。
 
しかしながら、皆が主役を演じる必要はないので、脇役ながら特徴を出して出演するのも成功の1つだと思う。お笑いコンテストに優勝するだけの実力があるので、今後の活躍に期待して見守ります。
 
<中堅お笑い芸人2014年上位10組番組出演数推移>
中堅お笑い芸人2014年上位10組番組出演数推移
※すべての中堅お笑い芸人に対応するとわかりにくいグラフとなるため、2014年上位10組に限定した推移グラフ
※上位常連の「くりぃむしちゅー」「ネプチューン」「チュートリアル」は2014年の番組出演数が少なかったためグラフには含まず
 
続いて、中堅お笑い芸人の番組出演数推移を見ていきます。2000年~2005年はしばらく「爆笑問題」の一人勝ち状態が続いていましたが、2006年~2008年、2012年「タカアンドトシ」、2009年~2011年「オードリー」、2013年~2014年「サンドウィッチマン」が1位になり、上位が入れ替わっています。
 
またお笑いコンテスト優勝者(準優勝者)が半分を占めている状況で、これだけで見るとお笑いコンテスト優勝(準優勝)=番組出演数増のように見えます。しかしながら、前述した通りお笑いコンテストで優勝(準優勝)しても出演数が変わらない芸人はいるので一概に言えないでしょう。かつ、2009年以降に優勝(準優勝)した芸人が2014年上位10組に入っていないことが物語っているのかもしれません。
 
<現在需要の総評>
今回、現在需要として中堅芸人の番組出演とお笑いコンテストを軸として2000年~2014年で集計しました。集計する前に2つの仮説を挙げました。1つはお笑いコンテストに優勝(準優勝)した芸人は一時的でも番組出演数は増える、もう1つはお笑いコント番組をきっかけで人気が出て他の番組にも出演しているであろうという2点です。
 
その仮説はほぼ当たっていたのですが、お笑いコンテストに優勝してもすぐに出演数が増えていない、もしくは優勝後もほぼ変わらない芸人がいることを初めて知りました。結論、コントだけできても芸人によっては番組出演に結びつきにくいということですね。
 
 

<将来需要>

将来需要とは、「現在は知られていないが将来売れる可能性がある新人芸人」という定義とします。新人お笑い芸人は多数いるため、中堅お笑い芸人と同様にお笑いコント番組で人気が出た、もしくはお笑いコンテストで優勝(準優勝)した新人芸人で見ていきます。
 
※新人芸人の範囲は芸歴0年~15年未満のコンビ芸人とする(2015年3月時点)
※新人芸人で2005年以前に番組出演やお笑いコンテスト実績がないため2005年~2014年とする
 
<新人お笑い芸人年表(2005年〜2014年)>
番組/CM/映画等の出演 お笑いコンテスト実績
2005年
  1. ハリセンボンオリエンタルラジオ 3件
  2. パンクブーブー東京03 2件
  3. 我が家とろサーモン、ロッチ 1件
  • アジアン(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
  • ジャルジャル(BGO上方笑演芸大賞・新人賞)
2006年
  1. オリエンタルラジオ 14件
  2. ハリセンボン 8件
  3. 東京03 3件
  4. パンクブーブーアジアン 2件
  5. 我が家とろサーモンピースギャロップ藤崎マーケット 1件
  • 東京03(お笑いホープ大賞・大賞)
  • アジアン(NHK上方漫才コンテスト・優秀賞/上方漫才大賞・新人賞)
  • とろサーモン(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
  • ジャルジャル(オールザッツ漫才・準優勝)
2007年
  1. オリエンタルラジオ 17件
  2. ハリセンボン 12件
  3. 藤崎マーケット 11件
  4. 東京03 7件
  5. アジアンジャルジャル 5件
  6. 我が家天竺鼠 4件
  7. かまいたちしずる 3件
  8. ピース、フルーツポンチ、ギャロップモンスターエンジン 2件
  9. パンクブーブーとろサーモン、はんにゃ、ロッチ、銀シャリ 1件
  • アジアン(NHK上方漫才コンテスト・優秀賞/MBS新世代漫才アワード・優勝)
  • とろサーモン(笑いの超新星・最優秀新人賞)
  • ジャルジャル(NHK新人演芸大賞・演芸部門大賞)
  • 天竺鼠(BGO上方笑演芸大賞・新人賞)
  • かまいたち(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
2008年
  1. オリエンタルラジオ 18件
  2. しずる 14件
  3. ハリセンボン 12件
  4. 藤崎マーケット 11件
  5. ジャルジャル 9件
  6. フルーツポンチ、モンスターエンジン 7件
  7. アジアン 6件
  8. パンクブーブー我が家東京03、はんにゃ 5件
  9. 天竺鼠、ロッチ 4件
  10. ピースかまいたちギャロップ銀シャリ 3件
  11. とろサーモン和牛 2件
  12. シソンヌ 1件
  • アジアン(NHK上方漫才コンテスト・優秀賞)
  • とろサーモン(NHK上方漫才コンテスト・最優秀賞)
  • ジャルジャル(ABCお笑い新人グランプリ・優秀新人賞/笑いの超新星・最優秀新人賞/オールザッツ漫才・優勝)
  • ギャロップ(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞/上方漫才大賞・優秀新人賞/笑いの超新星・新人賞)
  • 銀シャリ(ABCお笑い新人グランプリ・優秀新人賞)
  • モンスターエンジン(ABCお笑い新人グランプリ・新人賞/NHK上方漫才コンテスト・優秀賞/BGO上方笑演芸大賞・新人賞)
2009年
  1. ジャルジャル 29件
  2. しずる 24件
  3. はんにゃ、フルーツポンチ 16件
  4. オリエンタルラジオ 15件
  5. ハリセンボン 13件
  6. ロッチ 12件
  7. 天竺鼠 11件
  8. 東京03かまいたちモンスターエンジン 7件
  9. 我が家とろサーモン 6件
  10. アジアン銀シャリ和牛ウーマンラッシュアワー 5件
  11. パンクブーブーシソンヌ 4件
  12. 藤崎マーケット 3件
  13. ギャロップ 2件
  14. ピースかもめんたる 1件
  • パンクブーブー(M-1グランプリ・優勝)
  • 東京03(キングオブコント・優勝)
  • ジャルジャル(上方漫才大賞・優秀新人賞)
  • 天竺鼠(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
  • ギャロップ(NHK上方漫才コンテスト・最優秀賞)
  • 藤崎マーケット(オールザッツ漫才・優勝)
  • モンスターエンジン(ABCお笑い新人グランプリ・優秀新人賞)
  • ウーマンラッシュアワー(MBS新世代漫才アワード・準優勝)
2010年
  1. ジャルジャル 47件
  2. しずる 25件
  3. フルーツポンチ 20件
  4. はんにゃ、ロッチ 18件
  5. アジアン 16件
  6. ピースモンスターエンジン 12件
  7. ハリセンボンかまいたちウーマンラッシュアワー 10件
  8. オリエンタルラジオ 9件
  9. 銀シャリ 8件
  10. 我が家天竺鼠 6件
  11. 東京03 5件
  12. パンクブーブー藤崎マーケット和牛かもめんたる 3件
  13. ギャロップシソンヌ 2件
  14. とろサーモン 1件
  • ピース(キングオブコント・準優勝)
  • 銀シャリ(上方漫才大賞・新人賞)
  • モンスターエンジン(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
2011年
  1. ピース 22件
  2. ロッチ 15件
  3. しずる 14件
  4. オリエンタルラジオ 13件
  5. ジャルジャル 12件
  6. アジアン 11件
  7. ハリセンボン 7件
  8. 東京03、はんにゃ、銀シャリ和牛モンスターエンジン 6件
  9. 我が家、フルーツポンチ、かまいたち 5件
  10. 天竺鼠ウーマンラッシュアワー 4件
  11. 藤崎マーケット 3件
  12. パンクブーブーとろサーモンかもめんたる 1件
  • パンクブーブー(THE MANZAI・優勝)
  • 銀シャリ(上方漫才大賞・新人賞)
  • ウーマンラッシュアワー(ABCお笑い新人グランプリ・最優秀新人賞)
2012年
  1. ピース 18件
  2. かまいたち 12件
  3. オリエンタルラジオ 11件
  4. ハリセンボンジャルジャルウーマンラッシュアワー 10件
  5. フルーツポンチ、ロッチ 9件
  6. 銀シャリ 8件
  7. はんにゃ 7件
  8. 東京03アジアンしずる 5件
  9. 我が家天竺鼠モンスターエンジン 4件
  10. パンクブーブー藤崎マーケット 3件
  11. シソンヌ和牛かもめんたる 2件
  • かまいたち(ABCお笑いグランプリ・優勝)
  • 藤崎マーケット(MBS漫才アワード・優勝)
  • 和牛(MBS漫才アワード・準優勝)
  • モンスターエンジン(ytv漫才新人賞・優勝)
2013年
  1. ピース 16件
  2. オリエンタルラジオ 12件
  3. ジャルジャル 9件
  4. ウーマンラッシュアワー 8件
  5. ハリセンボン、ロッチ、シソンヌ 7件
  6. はんにゃ、かまいたち藤崎マーケット 6件
  7. アジアンかもめんたる 5件
  8. 東京03天竺鼠、フルーツポンチ、しずる 4件
  9. 我が家銀シャリ和牛モンスターエンジン 3件
  10. パンクブーブー東京03 2件
  • ジャルジャル(ABCお笑いグランプリ・優勝)
  • 銀シャリ(Ytv漫才・新人賞)
  • 和牛(NHK上方漫才コンテスト・準優勝)
  • かもめんたる(キングオブコント・優勝)
  • ウーマンラッシュアワー(THE MANZAI・優勝/NHK上方漫才コンテスト・優勝)
2014年
  1. ウーマンラッシュアワー 13件
  2. ピースハリセンボン 10件
  3. オリエンタルラジオ 9件
  4. ジャルジャル、はんにゃ 7件
  5. アジアン天竺鼠かまいたち 4件
  6. 東京03しずる 3件
  7. フルーツポンチ、藤崎マーケットシソンヌ和牛モンスターエンジン 2件
  8. ロッチ、銀シャリ 1件
  • 天竺鼠(ABCお笑いグランプリ・優勝)
  • 藤崎マーケット(ytv漫才新人賞・優勝)
  • シソンヌ(キングオブコント・優勝)
  • 和牛(Ytv漫才新人賞・準優勝/NHK上方漫才コンテスト・優勝)
※テキスト色の意味
・黒色:バラエティ番組(お笑いコント番組以外)をきっかけに番組等に多数出演
紫色:お笑いコント番組をきっかけに番組等に多数出演
赤色:お笑いコンテスト優勝(準優勝)後から番組等に多数出演
水色:お笑いコンテスト優勝(準優勝)後も番組等の出演少数
※番組等の出演はWikipediaを参照したため日付が書かれていない場合は未カウント
※コンビなのにピンで出演している番組は未カウント
 
◎バラエティ番組(お笑いコント番組以外)をきっかけに番組等に多数出演している芸人
黒色テキストの芸人は、お笑いコント番組以外のバラエティ番組で人気を得てその後お笑いコント番組も含めて番組出演数を増やした「はんにゃ」「フルーツポンチ」「ロッチ」。
 
「フルーツポンチ」の村上のように運動が苦手ということで『アメトーク』に出演し人気を得ているので、お笑い芸人は得意だけでなく不得意なことも洗い出しアプローチすることも有効そうだ。
 
◎お笑いコント番組をきっかけに番組等に多数出演している芸人
紫色テキストの芸人は、『ゲンセキ』『エンタの神様』等のお笑いコント番組で人気を集めて、他の番組にも抜擢された「オリエンタルラジオ」「ハリセンボン」「我が家」等がいる。
 
特に「オリエンタルラジオ」は一時期低迷の時を過ごしたが、現在は互いに”オタク・インテリ”キャラと”チャラ男”キャラを確立して再ブレイクを果たし、現在でもレギュラー番組を多数抱えている。
 
◎お笑いコンテスト優勝(準優勝)後から番組等に多数出演している芸人
赤色テキストの芸人は、お笑いコンテストに優勝したことで恩恵を大きく受けている「アジアン」「ピース」「ジャルジャル」等がいる。
 
特に「ジャルジャル」は5年連続で異なるお笑いコンテストで優秀新人賞他、2013年には『ABCお笑いグランプリ』で優勝しており、2010年は新人芸人で最も番組出演数が多い47件だった。また2010年からは長寿番組の『めちゃ×2イケてるッ!』にレギュラーで出演しており、新人芸人の中で注目されている1組である。
 
◎お笑いコンテスト優勝(準優勝)後も番組等の出演が少数の芸人
水色テキストの芸人は、お笑いコンテストに優勝したにも関わらず番組出演数がそこまで伸びていない「パンクブーブー」「かもめんたる」「シソンヌ」等だ。
 
特に「パンクブーブー」は『M-1グランプリ・優勝』『THE MANZAI・優勝』とコントは一級品であることは間違いないが、番組出演となるとそこまで多くはない。(但し、日付がない番組も多数あるため一概には言えない)
 
新人芸人の場合、昔ほどお笑いコント番組が多くないため視聴者に知られる機会が少ないが、その代わりバラエティ番組内で芸人がコントをお披露目する機会は以前より増えているため、チャンスをものにできる運の強さと視聴者に印象づけるインパクトが必要なのだろう。
 
<新人お笑い芸人2014年上位10組番組出演数推移>
新人お笑い芸人2014年上位10組番組出演数推移
※すべての新人お笑い芸人に対応するとわかりにくいグラフとなるため、2014年上位10組に限定した推移グラフ
※何度か上位に入っている「フルーツポンチ」「ロッチ」は2014年の番組出演数が少なかったためグラフには含まず
 
続いて、新人お笑い芸人の番組出演数推移を見ていきます。2005年~2008年は「オリエンタルラジオ」の時代が続いていましたが、2009年~2010年「ジャルジャル」、2011年~2013年「ピース」、2014年「ウーマンラッシュアワー」が1位になり、若手の台頭により上位が入れ替わっています。
 
2005年~2007年は特にお笑いコント番組が多かったのですが、その後次々と番組が終了したことで、新人お笑い芸人が露出する機会が減りました。好きな人はお金を出してお笑い劇場まで足を運んで観に行きますが、そこまでではない視聴者の方に知ってもらうことも重要なのでテレビ出演は新人芸人にとって売れるチャンスと言えるでしょう。
 
その中でも新人お笑い芸人はお笑いコンテスト優勝者(準優勝者)が全体の5分の3を占めており、すべての年で誰かしらがお笑いコンテストで優勝(準優勝)しています。中堅芸人だとお笑いコンテストで優勝(準優勝)しても必ずしも番組出演等に結びついていませんでしたが、新人芸人の場合は注目され番組出演が増えるという傾向のようです。但し、継続して出演できているのは「ピース」のみなので、継続して出演することがどれだけ難しいかがわかります。
 
<将来需要の総評>
今回、将来需要として新人芸人の番組出演とお笑いコンテストを軸として2005年~2014年で集計しました。集計する前に中堅お笑い芸人と同様に2つの仮説を挙げました。
 
1つはお笑いコンテストに優勝(準優勝)した芸人は一時的でも番組出演数は増える、もう1つはお笑いコント番組をきっかけで人気が出て他の番組にも出演しているであろうという2点です。その仮説はほぼ当たっていたのですが、「はんにゃ」「フルーツポンチ」のように新人でもバラエティ番組で人気が出て他の番組にも出演していることを改めて認識しました。
 
確かに、以前深夜枠で放送していた『とぶくすり』『はねるのトびら』などは新人芸人だけを集めたバラエティ番組(コント中心)で、まだ新人だった「ナインティナイン」「よゐこ」や「ロバート」「キングコング」等を排出しているので、現在でも売れる可能性のある新人だけの番組があると将来需要がさらに開拓されるでしょう。
 

市場分析のまとめ

『ラッスンゴレライ』の人気を解明するために市場分析を行いましたがいかがだったでしょうか。当初予定したより文章が長くなってしまったのですが、2000年に入ってから現在までのお笑い業界の流れを把握できたのではないでしょうか。

一見関係ないように思えますが、この後の分析に繋がってくる内容となりますので、頭の片隅にでも置いておいていただければと思います。『ラッスンゴレライ』の人気を3C分析で解明の2回目は、競合分析=ライバル芸人分析を行いますのでご期待ください。

 

※本記事を読んでいただきありがとうございます。少しでも「役に立った」「面白かった」と思っていただけましたら、『シェア』や『いいね!』等で共有していただけると幸いです。

カテゴリー: マーケティング, 気になる話題 タグ: , ,